営業成績一位の神崎くんは私に褒められたい。(でも、私は神崎くんに勝ちたい)

広告会社レインボーデイの営業の3年目の峰村真凛25歳は物腰が柔らかく、人当たりが良い社員で後輩や同僚、先輩や取引先からの人気も高かった。けれど、本当の彼女は競争心の塊で営業成績ナンバーワンを目指しているのだが、新人の時から同期の神崎湊が営業ナンバーワンとして彼女の前に立ちはだかっていた。そして、そんな彼は人懐っこく、真凛に褒められたがってほぼ毎日来るのだった・・・。


★★
恋愛小説大賞応募予定。
5万字以上目標で頑張りますので、加筆修正等を行うと思います。
ご都合主義や事実と異なる部分がありますので、あらかじめご了承ください。
余裕ができたら、コメント募集したいと思ってます(予定)その際はコメントいただけると嬉しいです。
24hポイント 7pt
小説 35,527 位 / 140,803件 恋愛 16,391 位 / 43,703件