上 下
6 / 107

忠休は未だ部屋住の身に過ぎない奏者番の意知を若年寄へと進ませることに積極的には反対しない忠友の嫡子の忠徳が意知の弟であることを思い出す。

しおりを挟む
しおりを挟む