上 下
24 / 107

忠休は意知に対して殺意を抱き、思わず脇差に手をかける ~意知が譜代門閥層から嫌われる理由~

しおりを挟む
しおりを挟む