上 下
23 / 109

菊之間縁頬では酒井相模守忠言が内藤志摩守正興と仲良く語らい、忠休はそれを目にすると怒鳴り飛ばしたい衝動に駆られる。

しおりを挟む
しおりを挟む