上 下
22 / 107

忠休は菊之間縁頬に大坂定番(玉造口定番)の稲垣長門守定計の成人嫡子・若狭守定淳が詰めているのを目にして苦々しく思う。

しおりを挟む
しおりを挟む