Ittoh

Ittoh

よろしくお願いしますm(__)m
77 1234
 我田引鉄。  国内鉄道網整備を名目として、ひたすら各地の選挙民への利益供与を続けたことを背景として、圧倒的な支持基盤を持つ、立憲政友会総裁、原敬内閣が、大正7年に成立した。  我田引鉄で、票を稼ぎ、国際連盟による連合軍編成して、シベリア出兵し、ボリシェビキを撃破して、満洲利権と沿海州利権について、国際連盟の利権とした。日露戦争に勝利したことで、平和と安寧を貪る大日本帝国のまったり運営が始まった。
24hポイント 519pt
小説 1,610 位 / 46,998件 歴史・時代 28 位 / 728件
文字数 53,167 最終更新日 2019.05.22 登録日 2019.04.27
 日本最強のリアルチート、源為朝の御伽噺であります。  平安末期の日本では、|あやかし《ひとならざるもの》が人と共に暮らす世界であった。人と共に暮らす世界は、大きく日ノ本を変えていったのです。  拙著、弓張月異聞の改訂版でもあります。
24hポイント 21pt
小説 9,864 位 / 46,998件 歴史・時代 200 位 / 728件
文字数 6,745 最終更新日 2019.05.04 登録日 2019.04.30
歴史・時代 連載中 ショートショート
第二次世界大戦に関わる、御伽噺である。  最近、非常に多くの資料が、様々な観点から構築されて出版されるようになった。  お爺ぃのテーマは、「滅びなければならなかった、大日本帝国」である。  昭和16年夏の時点で、困ったことに日米開戦は、必然であった。 参考資料  CGS動画 「目からウロコの日本の歴史」 小名木善行&神谷宗幣  CGS動画 「じっくり学ぼう!日本近現代史」 倉山満&神谷宗幣  ハワード・ジン著「学校では教えてくれない 本当のアメリカの歴史 上下」  猪瀬直樹著 「昭和16年夏の敗戦」  前泊博盛著 「日米地位協定」  C.K.Ogden著「意味の意味」  荒木 博之著 「日本語が見えると英語が見える」  今野真二著 「日本語の歴史」  山口仲美著 「日本語の歴史」  西澤泰彦著 「図説 満鉄」  歴史読本編集「関東軍全史」  文献資料:明治大学、黒曜石研究センター関連資料  誉田亜紀子著「ときめく縄文図鑑」  植田文雄 著 「縄文人の淡海学」  瀬川拓郎 著 「縄文の思想」  松木武彦 著 「縄文とケルト」  西田正規 著 「人類のなかの定住革命」  安田喜憲 著 「森と文明の物語」  鬼頭宏  著 「人口から読む日本の歴史」  滋賀県立安土城考古博物館「人・自然・祈り」共生の原点を探る  滋賀県立安土城考古博物館「水中考古学の世界-琵琶湖湖底の遺跡を掘る-」  サンライズ出版「滋賀県の歴史」  山形県教育委員会「押出遺跡発掘調査報告書」  山川登 著「倭国大乱は二王朝の激突だった」  寺本克之 著「倭国大乱 軍事学的に見た日本古代史」  倉本一宏 著「内戦の日本古代史」  兼好法師 著「徒然草」  清水克之 著「喧嘩両成敗の誕生」  関 幸彦 著「武士の誕生」  網野善彦 著「日本の歴史をよみなおす」  本郷和人 著「承久の乱」「軍事の日本史」  作者不詳   「伊勢物語」  原田信男 著「義経伝説と為朝伝説」  出雲隆  編 「鎌倉武家辞典」  講談社  編 「難波大阪 全三巻」  桃崎有一郎 著「武士の起源を解きあかす」  山内 譲  著「海賊の日本史」  呉座勇一  著「応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱」  桃井治郎  著「海賊の世界史」  曲亭馬琴  著「椿説弓張月」  本居宣長  著「日本人のこころの言葉」  太安万侶、鈴木三重吉、武田祐吉「古事記」  紀貫之   著「土佐日記」  菊池寛   著「応仁の乱」  日下雅義  著「地形からみた歴史」  関裕二   著「地形で読み解く古代史」  鴨長明   著「方丈記」  黒嶋敏   著「海の武士団」
24hポイント 63pt
小説 5,970 位 / 46,998件 歴史・時代 134 位 / 728件
文字数 42,845 最終更新日 2019.04.25 登録日 2019.03.06
歴史・時代 連載中 ショートショート
日ノ本の歴史である。  石器から縄文にかけて、日ノ本は、世界有数の文明を有した地域であった。  しかしながら、日ノ本の歴史は、古代と現代の狭間に、語ること難しく、お爺ぃは学ぶことを断念したことがある。お爺ぃでは、小説として描くも難しい。  ということで、行間の多い、個人名や出来事を具体的にはあまり記述しない、かなぁぁり変わった歴史を描いてみました。 参考資料  CGS動画 「目からウロコの日本の歴史」 小名木善行&神谷宗幣  文献資料:明治大学、黒曜石研究センター関連資料  誉田亜紀子著「ときめく縄文図鑑」  植田文雄 著「縄文人の淡海学」  瀬川拓郎 著「縄文の思想」  松木武彦 著「縄文とケルト」  西田正規 著「人類のなかの定住革命」  安田喜憲 著「森と文明の物語」  鬼頭宏  著「人口から読む日本の歴史」  滋賀県立安土城考古博物館「人・自然・祈り」共生の原点を探る  滋賀県立安土城考古博物館「水中考古学の世界-琵琶湖湖底の遺跡を掘る-」  サンライズ出版「滋賀県の歴史」  山形県教育委員会「押出遺跡発掘調査報告書」  山川登著 「倭国大乱は二王朝の激突だった」  寺本克之 著「倭国大乱 軍事学的に見た日本古代史」  倉本一宏 著「内戦の日本古代史」  今野真二 著「日本語の歴史」  兼好法師 著「徒然草」  清水克之 著「喧嘩両成敗の誕生」 関 幸彦 著「武士の誕生」  網野善彦 著「日本の歴史をよみなおす」  本郷和人 著「承久の乱」「軍事の日本史」  作者不詳  「伊勢物語」  原田信男 著「義経伝説と為朝伝説」  出雲隆  編「鎌倉武家辞典」  講談社  編「難波大阪 全三巻」  桃崎有一郎 著「武士の起源を解きあかす」  山内 譲  著「海賊の日本史」  呉座勇一  著「応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱」  桃井治郎  著「海賊の世界史」  曲亭馬琴  著「椿説弓張月」  本居宣長  著「日本人のこころの言葉」  太安万侶、鈴木三重吉、武田祐吉「古事記」  紀貫之   著「土佐日記」  菊池寛   著「応仁の乱」  日下雅義  著「地形からみた歴史」  関裕二  著「地形で読み解く」  鴨長明   著「方丈記」  黒嶋敏   著「海の武士団」  最近、電子書籍が多くなり、Amaz〇nさんに至っては、同人誌も個人出版という形で発売されるという状況となっています。なかなかに面白い時代となりました。
24hポイント 0pt
小説 46,998 位 / 46,998件 歴史・時代 728 位 / 728件
文字数 77,088 最終更新日 2019.02.28 登録日 2018.12.08
ファンタジーな戦国時代。  三好長慶は、平成からテンプレのように、戦国へと転生したのでありました。  しかしながら、転生したのは、三好長慶だけではなかったようなのです。  何故なら、平成生まれの|三好長慶《みよしながよし》には、なんでこうなったというくらいに、歴史が変わっていたのです。
24hポイント 7pt
小説 13,141 位 / 46,998件 ファンタジー 3,741 位 / 15,715件
文字数 23,561 最終更新日 2019.02.17 登録日 2018.04.01
経済・企業 連載中 ショートショート
 歴史ifの小説、異世界歴史ifについて小説を描いております。  琉球お爺ぃは、小説などで掲載している、背景事情なんかを中心に記述してたりしています。  朝、寝て起きない、知人を起こしに行って、ゆすっても起きなかったという話をよく聞くようになった。職場で、昼寝をした状態から、自力で起き上がることができない知人もいる。  そんな時代に生きるお爺の一考察  他に、技術関連のお話なんかも描いてます。
24hポイント 71pt
小説 5,670 位 / 46,998件 経済・企業 17 位 / 102件
文字数 254,655 最終更新日 2019.02.06 登録日 2016.10.13
歴史・時代 連載中 ショートショート
歴史に関する小噺については、こちらで描いていきます。 参考資料  CGS動画 「目からウロコの日本の歴史」 小名木善行&神谷宗幣  文献資料:明治大学、黒曜石研究センター関連資料  植田文雄著「縄文人の淡海学」  西田正規 著「人類のなかの定住革命」  安田喜憲 著「森と文明の物語」  鬼頭宏  著「人口から読む日本の歴史」  滋賀県立安土城考古博物館「人・自然・祈り」共生の原点を探る  滋賀県立安土城考古博物館「水中考古学の世界-琵琶湖湖底の遺跡を掘る-」  サンライズ出版「滋賀県の歴史」  山形県教育委員会「押出遺跡発掘調査報告書」  山川登「倭国大乱は二王朝の激突だった」  寺本克之「倭国大乱 軍事学的に見た日本古代史」
24hポイント 0pt
小説 46,998 位 / 46,998件 歴史・時代 728 位 / 728件
文字数 13,000 最終更新日 2019.01.13 登録日 2019.01.03
 経済活動というのは、余分な商品があって、初めて始まる活動だと考えられる。自分で採取したものを、そのまま自分で使うだけであれば、そこに経済活動は発生しない。石器時代と呼ばれる時代から、縄文期に入っていった時、最初に商品となったのは、石であった。  石は、石器として最上級の品質であった、黒曜石である。  黒曜石は、石のままでは価値を持たない。  加工する知識・技術・技能があって始めて、鏃となり、釣り針となって、狩や漁の道具として使うことができる。 参考資料  CGS動画 「目からウロコの日本の歴史」 小名木善行&神谷宗幣  西田正規 著「人類のなかの定住革命」  安田喜憲 著「森と文明の物語」  鬼頭宏  著「人口から読む日本の歴史」
24hポイント 142pt
小説 3,957 位 / 46,998件 経済・企業 14 位 / 102件
文字数 32,334 最終更新日 2018.12.07 登録日 2018.11.22
経済・企業 連載中 ショートショート
「魔法の宝石に刻む、呪文」 「マイコンという|石《IC》に書き込むプログラム」  こんなことが、やってみたい。あんなことが、やってみたい。コンピュータというモノが生まれた時に、そんなイメージで、使う人と使わない人が分かれた。コンピュータは暗いというイメージがあって、虐めにあった人も多かったように思う。  そんな噺を綴りながら、プログラムを¦石《IC》に刻みます。  ショートショートとしているのは、各章で一個の作品として独立できるように描くつもりからです。
24hポイント 0pt
小説 46,998 位 / 46,998件 経済・企業 102 位 / 102件
文字数 22,436 最終更新日 2018.11.14 登録日 2018.08.10
SF 連載中 長編 R18
さて、バッドエンドから始まる・・・とするには、少し辛いプロローグとなります。 題材は、板額御前だったりします。源平合戦では、平家側で負け組、源氏の配下の梶原景時に従って、景時が滅ぶと共に、叛乱を企てて負け組なのですが、吾妻鑑に記載されるほどに有名であった、女武将であります。何故か、一族の中で、この女性だけ、生き残ります。  そんな女武将を描いた転生モノのファンタジーです。ただ、現実の敗者には、冷たい現実が待っているのは事実としてあります。
24hポイント 63pt
小説 5,970 位 / 46,998件 SF 109 位 / 1,597件
文字数 114,383 最終更新日 2018.11.04 登録日 2016.07.22
 リアルチート、鎮西八郎為朝が物語にございます。  正史に記述された、本物のリアルチート。為朝のお話であります。まぁ、わたしが描きますから、宵闇噺のひとつとなります。
24hポイント 21pt
小説 9,864 位 / 46,998件 歴史・時代 200 位 / 728件
文字数 261,619 最終更新日 2018.10.30 登録日 2016.09.22
 ここは、正史ではない、戦国ファンタジーifなので、正史上にも存在した人物については、背景はある程度そのままですが、かなり歪んでいます。また、ファンタジー系の亜人が正史上の人物と被ったりしますので、正史のキャラ好きの方は、避けた方が良いかも知れません。  覚悟はありますか。  ひとつの流れが、鬼や土蜘蛛、狐狸といったあやかし達の流れである。彼らは亜人と呼ばれ、同じ地域に住みながら異なる種族というイメージがあった。あやかしの力を持つ彼らは、戦争という極限状態の中で、頭角を表し、時には地侍から地頭と呼ばれるようになった者達もいた。また、獣道を駆けて、闇に潜み、忍びや乱波といった者達になったものもあった。結果として、古来より混血も進み、人と変わらぬ姿を持つ者や、異形の姿を持つ者も多く、良いにつけ悪いにつけ、様々な軋轢の原因ともなっていた。  古き時代から、室町までの流れは、中央権力の象徴である、天皇家にしても、将軍家にしても、権威によって、統治能力を維持していた時代であった。この統治能力は、家と領地を保護するというものである。南北朝より始まり、室町の流れの中で、中央の統治能力は徐々に低下し、嘉吉の乱(1441)で生じた将軍義教暗殺は、権威失墜の象徴とも言える事件であった。  つまりは、当時の体制として、家の相続と守護といった役職の相続は別であった。関白が藤原の流れから選ばれるとしても、それは明文化されているわけではなく、今までの権力闘争の流れの中で勝ち得た権利に過ぎなかった。  中央の役目とは、権益が守護や地頭について回るとした場合、彼らの利害関係を調整することであり、この役目が果たせなければ、地方政治の安定は得られなくなる。結果としては、地域での政治闘争がそのまま地域紛争となり、軍事闘争となり、戦争という形で表面化することとなる。これが、「戦国時代」である。  応仁の乱(1467?-1477?)といった将軍家や管領家の家督争いが、中央の調整機能を麻痺させ、自己修復を困難にしたに過ぎないということとなります。 そんな時代のこと  遠江の井伊家に、一人の#鬼っ娘__おにっこ__#が生まれた。名を「とわ」と付けられた。鎌倉以来、嫡子相続を基本とする武家では、女であっても相続人である。そして、月日は流れる。紅き髪に白い肌、六尺を超える巨躯の女武将となった。
24hポイント 0pt
小説 46,998 位 / 46,998件 ファンタジー 15,715 位 / 15,715件
文字数 16,694 最終更新日 2018.09.04 登録日 2018.07.29
経済・企業 連載中 ショートショート
安全のコストは、リスクとの兼ね合いで決定される。  しかしながら、そこには、非常に説得の難しい、困難な課題が横たわっている。
24hポイント 0pt
小説 46,998 位 / 46,998件 経済・企業 102 位 / 102件
文字数 6,551 最終更新日 2018.07.01 登録日 2018.06.28
TRPG風来坊の基本編リニューアル版です。TRPG = It's a Rolling Stone, Renewal  様々な歴史ifやキャンペーンを、簡易的に作成しました。  出来る限り全年齢版で構成するつもりですが、描きすぎたりすることもあるかもしれません。ご意見等をお待ちしております。  さてさて、どのような展開になりますか。  最初は、関ケ原の戦における、小早川秀秋へ、転生した設定となります。  乱世終焉における最大の歴史if、小早川秀秋の動向。貴方は、どのような結末を迎えるでしょうか。  
24hポイント 0pt
小説 46,998 位 / 46,998件 経済・企業 102 位 / 102件
文字数 15,493 最終更新日 2018.05.28 登録日 2018.05.27
歴史・時代 連載中 ショートショート
 平安時代から鎌倉時代というのは、何年で切り替わりましたというモノではなかったのだと思います。平安時代を象徴する律令制度が、新たな制度に呑み込まれていった流れが、平安から鎌倉の流れを作ったのだと思います。 史上初めて武家として、天下を統一した源頼朝を宵闇鎌倉にて描きます。  平安の終焉を迎え、新たな日ノ本の始まりについてちょっと描いてみました。時間的な関係が、話の都合上史実とは異なります。 最初は、蛭ヶ小島で暮らしていた頼朝の話となります。
24hポイント 0pt
小説 46,998 位 / 46,998件 歴史・時代 728 位 / 728件
文字数 24,383 最終更新日 2018.04.22 登録日 2018.03.29
コンキスタドールの悪魔達に立ち向かう、竜胆の姫、ヤヱ。
24hポイント 0pt
小説 46,998 位 / 46,998件 ファンタジー 15,715 位 / 15,715件
文字数 21,263 最終更新日 2018.03.28 登録日 2018.02.21
琉球お爺ぃの読後雑感という感じのエッセイである。  Amaz〇nのKin〇leを含め、SHARPの往年が名機ZERO3からの電子書籍読書をしてる身としては、書籍の電子化は、凄まじい勢いで、時代を変化させているように思う。そんな、お爺ぃが、本を読んで、雑感を描く。数話完結型の連載として発表します。
24hポイント 0pt
小説 46,998 位 / 46,998件 エッセイ・ノンフィクション 1,114 位 / 1,114件
文字数 68,167 最終更新日 2018.02.20 登録日 2018.01.08
ネット上では、よく使われる技法の紹介?です。 技術屋さんが、マニュアル作りで参照するスキルだったりします。 まぁ、色々と理論をこねくり回すことで、自国語の理解を深めていこうという技法を扱うスキル向上のための覚書みたいなものです。 もう一つは、自国語が理解できてない状況で、異国語を理解しようとする人間への警告でもあります。一見すると異国語会話できているように見えるのに、相手にきちんとした異国語で会話しようとすると出来ないという「頭で考えるな」会話の結果から来る弊害を避けることができます。 会話できるけど、説明したりするのが苦手な人は、きちんと自国語能力が身についていない結果だったりします。説明は、自国語をきちんと理解していないと、相手の言語へ構成することができません。このスキルは、本当の意味で、比較言語学を向上させることができます。
24hポイント 0pt
小説 46,998 位 / 46,998件 経済・企業 102 位 / 102件
文字数 11,994 最終更新日 2018.01.09 登録日 2017.12.30
ファンタジー 完結 ショートショート
 超高齢化社会が進み、無子高齢化社会が猛威を振るう時代。  そんな時代に、怒涛のような養子縁組が進められるようになった。  世界が変わる。そんな時代が訪れそうな、日本の変わりようを描いてみました。完結しておりますが、時折、追加しています。
24hポイント 7pt
小説 13,141 位 / 46,998件 ファンタジー 3,741 位 / 15,715件
文字数 55,577 最終更新日 2017.09.30 登録日 2017.08.10
 平安中期のリアルチートこと渡辺綱が、幼少の頃に夢を見ていた、異世界の男が憑依されて、男の持っていた知識を手にして、平安時代を生き抜きます。後の世に渡辺党を築いた男の物語であります。 講談師、見てきたように嘘を吐くでありますが、真実が混ざってこその嘘であります。 摂津源氏渡辺党が当主、渡辺綱は、元服したばかりの十三歳。初陣で主人源頼光と共に、葛城の#あやかし__ひとならざるもの__#を退治で、葛城の#あやかし__ひとならざるもの__#の長に術をかけられ、熱病を患った。熱病の患いで、治療にあたったのが、陰陽道安部晴明が母君信太稲荷の白狐#葛葉__くずのは__#。綱は、熱病に魘され、うつつと浮世を流離う中で、看病していた#葛葉__くずのは__#を抱きしめて、愛し合ってしまいました。
24hポイント 0pt
小説 46,998 位 / 46,998件 ファンタジー 15,715 位 / 15,715件
文字数 109,823 最終更新日 2017.09.26 登録日 2017.07.24
77 1234