日ノ本の歴史 始まりの話

日ノ本の歴史である。

 石器から縄文にかけて、日ノ本は、世界有数の文明を有した地域であった。
 しかしながら、日ノ本の歴史は、古代と現代の狭間に、語ること難しく、お爺ぃは学ぶことを断念したことがある。お爺ぃでは、小説として描くも難しい。
 ということで、行間の多い、個人名や出来事を具体的にはあまり記述しない、かなぁぁり変わった歴史を描いてみました。


参考資料
 CGS動画 「目からウロコの日本の歴史」 小名木善行&神谷宗幣
 文献資料:明治大学、黒曜石研究センター関連資料
 誉田亜紀子著「ときめく縄文図鑑」
 植田文雄 著「縄文人の淡海学」
 瀬川拓郎 著「縄文の思想」
 松木武彦 著「縄文とケルト」
 西田正規 著「人類のなかの定住革命」
 安田喜憲 著「森と文明の物語」
 鬼頭宏  著「人口から読む日本の歴史」
 滋賀県立安土城考古博物館「人・自然・祈り」共生の原点を探る
 滋賀県立安土城考古博物館「水中考古学の世界-琵琶湖湖底の遺跡を掘る-」
 サンライズ出版「滋賀県の歴史」
 山形県教育委員会「押出遺跡発掘調査報告書」
 山川登著 「倭国大乱は二王朝の激突だった」
 寺本克之 著「倭国大乱 軍事学的に見た日本古代史」
 倉本一宏 著「内戦の日本古代史」
 今野真二 著「日本語の歴史」
 兼好法師 著「徒然草」
 清水克之 著「喧嘩両成敗の誕生」
関 幸彦 著「武士の誕生」
 網野善彦 著「日本の歴史をよみなおす」
 本郷和人 著「承久の乱」「軍事の日本史」
 作者不詳  「伊勢物語」
 原田信男 著「義経伝説と為朝伝説」
 出雲隆  編「鎌倉武家辞典」
 講談社  編「難波大阪 全三巻」
 桃崎有一郎 著「武士の起源を解きあかす」
 山内 譲  著「海賊の日本史」
 呉座勇一  著「応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱」
 桃井治郎  著「海賊の世界史」
 曲亭馬琴  著「椿説弓張月」
 本居宣長  著「日本人のこころの言葉」
 太安万侶、鈴木三重吉、武田祐吉「古事記」
 紀貫之   著「土佐日記」
 菊池寛   著「応仁の乱」
 日下雅義  著「地形からみた歴史」
 関裕二  著「地形で読み解く」
 鴨長明   著「方丈記」
 黒嶋敏   著「海の武士団」

 最近、電子書籍が多くなり、Amaz〇nさんに至っては、同人誌も個人出版という形で発売されるという状況となっています。なかなかに面白い時代となりました。
24hポイント 0pt
小説 125,937 位 / 125,937件 歴史・時代 1,433 位 / 1,433件