上 下
44 / 107

意知を殺す件につき、竹本九八郎は実家とも言うべき田安の館にて仕える、それも宗武を今でも崇拝しているに違いない七役と相談することを思いつく。

しおりを挟む
しおりを挟む