上 下
64 / 107

金森五郎右衛門が旗奉行の三賀監物長頼に不遜なる態度を取り、三賀監物が掴みかかろうとしたので長柄奉行の清水彌八郎久慶が割って入る。

しおりを挟む
しおりを挟む