上 下
76 / 107

長尾幸兵衛保章の不安に対して物頭の蔭山新五郎久廣は露骨に侮辱し、近習の松平源右衛門定城も同調するも、用人の根来茂右衛門長方が叱責する。

しおりを挟む
しおりを挟む