上 下
75 / 107

重好が例え、将軍・家治が御三卿潰しを狙っていようともそれに従うのみとの意向を示すや、勘定奉行の長尾幸兵衛保章が異議の声を張り上げる。

しおりを挟む
しおりを挟む