上 下
74 / 107

御三卿の館の中でも一番、アットホームな家風を持つ清水館においても当主たる重好を取り囲んで、意知が若年寄に進む件につき話し合われる。

しおりを挟む
しおりを挟む