上 下
79 / 109

家治は小姓にして将軍の秘密部屋である御用之間への立ち入りが許されている水野相模守貞利の先立ちにより、意次と意知と共に御用之間へと足を運ぶ。

しおりを挟む
しおりを挟む