上 下
78 / 107

将軍・家治は側用人の水野忠友に対しては意次を、御側御用取次の横田準松に対しては意知を、それぞれ中奥に連れて来るようにと命ずる。

しおりを挟む
しおりを挟む