欲に負けた婚約者は代償を払う

偶然通りかかった空き教室。

そこにいたのは親友のシレラと私の婚約者のベルグだった。

「シレラ、ず、ずっと前から…好きでした」

気が付くと私はゼン先生の前にいた。

起きたことが理解できず、涙を流す私を優しく包み込んだゼン先生は膝をつく。

「私と結婚を前提に付き合ってはもらえないだろうか?」
24hポイント 92pt
小説 8,774 位 / 111,518件 恋愛 3,926 位 / 31,255件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

異世界転移でのちに大陸最強の1人となった魔剣士 ~歌姫の剣と呼ばれし男~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:1050pt お気に入り:6858

私を追い出すのはいいですけど、この家の薬作ったの全部私ですよ?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:125465pt お気に入り:11140

婚約者が私と婚約破棄する計画を立てたので、失踪することにしました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:118010pt お気に入り:1875

あなたを忘れる魔法があれば

恋愛 / 完結 24h.ポイント:42pt お気に入り:769

都合のいい女だと知っていました。でも、迎えが来たので、さようならです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:160979pt お気に入り:6423

7歳の侯爵夫人

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:19888pt お気に入り:2083