疲れきった天才魔術師、自由に生きることにした〜はぐれ者の魔女が集まる秘密の泉を【黒の魔術】で発展させて、幸せな【スローライフ】〜

 ダルクは疲れてしまった。人生に。

 魔術世界を牽引するほど優れた才能をもっていたダルクは、名門魔術学校で常に上位の成績をおさめなければいけない競走の毎日と、自身が開発した商品に寄せられる心無いクレームに、嫌気がさしていた。

 すさんだ心境のまま、学年末の試験に挑んだダルクは、わずかな差で学年1位だった試験順位を学年2位に落としてしまう。

 結果を聞いた両親は、激怒して、ダルクのことを家から追放すると言いだした。

 これを良い機会と考えたダルクは、慌てて言葉を撤回する両親に愛想をつかして、家出し、フラッと森へ足を踏みいれる。
 
「これは……まさか、精霊か?」

 ダルクは森のなかで見つけた幻の魔法生物の姿を追いかけるが、見失ってしまう。

 たどり着いた先の泉で、ダルクは古びた民家を見つけ、そこで水浴びをしてはしゃいでいた自分と同い年ほどの、美しい魔女たちに出会うのだった。
 
 疲れた天才たちが、あつまる秘密の魔術工房で主人公・ダルクが精霊の研究をしたり、恋を知ったり、魔術をつかって近隣の村を支援して、生活を便利に発展させながら、だんだん大きな世界に認知されていく、ほのぼの成り上がりファンタジー物語。
24hポイント 7pt
小説 27,614 位 / 112,446件 ファンタジー 5,533 位 / 29,265件