からくりの鼻唄

舞台はロボットたちが主な労働力となりつつある近未来の世界(レトロ風)。世界は大分平和になり人々の心にも余裕ができ 好きなことをたくさんできる社会になっているが、それでも偏見や差別やすれ違いそして強欲な人の思惑がちらほら見える。主人公(人間)は 訳ありで持ち主に手放されたロボットたちと日々楽しく暮らすことを目的としており、それ以外に特に積極的になることは無いが よりロボットや人間が平和に暮らせる方向へ向かうことを望んでいる。

※「小説家になろう」に投稿した作品をカクヨムとアルファポリスに重複投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 125,220 位 / 125,220件 SF 3,639 位 / 3,639件