魔王と聖女と世界

 好きの反対は憎しみではないということばを実感する。もう、王太子も王も神官たちも、そして諸悪の根源であるこの世界の神とやらも、すべてがどうでもいい。
 消えて無くなれ、世界。
 私を拒絶する世界など要らない。
 誰からも必要とされない私なんて要らない。
 消えてしまえ、消えてしまえ。
――私は、魔王の後を追う。
24hポイント 0pt
小説 86,766 位 / 86,766件 恋愛 22,894 位 / 22,894件