白に憧れても

昔からの友だちと恋人同士になったことに戸惑い続ける、川瀬凪(かわせ なぎ)。
セフレがいることを認めながらも凪と恋人関係を続ける、望月彰都(もちづき あきと)。
二人の関係を知りながら凪とセフレを続ける、三原卓(みはら すぐる)。

無気力で苛立ちばかりを抱く凪は、彰都や卓との利己的な三角関係を続けていた。
一方で、会ったことのない自分の父親を知っている人物が高校で働いているという話を聞き、用務員の日比野と顔を合わせるようになるが、何も訊けないまま卒業が迫ってしまう。

性行為の出来ない恋人、セックスの出来る友だち、
血の繋がらない家族、子どもを愛せない父親。

恋に落ちるとはなんなのか。
愛を誓うとはなんなのか。

真っ白に憧れる、
まぶしくない青春BL小説。


※暴力描写がありますが、それらの行為を助長または推奨するものではありません。
24hポイント 7pt
小説 34,151 位 / 148,342件 BL 7,404 位 / 17,060件