猫神学園 ~おちこぼれだって猫神様になれる~

「お母さん、どこへ行っちゃったの」
ひとりぼっちになってしまった子猫の心寧(ここね)。
そんなときに出会った黒白猫のムムタ。そして、猫神様の園音。
この出会いがきっかけで猫神様になろうと決意する。

心寧は猫神様になるため、猫神学園に入学することに。
そこで出会った先生と生徒たち。

一年いわし組担任・マネキ先生。
生徒は、サバトラ猫の心寧、黒猫のノワール、サビ猫のミヤビ、ロシアンブルーのムサシ、ブチ猫のマル、ラグドールのルナ、キジトラのコマチ、キジ白のサクラ、サバ白のワサビ、茶白のココの十人。
(猫だから十匹というべきだけどここは、十人ということで)

はたしてダメダメな心寧は猫神様になることができるのか。
(挿絵もあります!!)
24hポイント 106pt
小説 6,223 位 / 86,648件 児童書・童話 109 位 / 1,686件