孤独少女の願い事

 ある理由のせいで、笑顔もなく暗い雰囲気の少女、浅倉裕羽。
 そんな彼女が見つけたもの……それは、大昔に一匹の妖精が封印された、神秘的な壷だった。
 妖精と少女の出会いは、互いの運命をどう変えるのか、そして二人の過去とは、ぜひ一読して確かめて下さい
24hポイント 0pt
小説 60,694 位 / 60,694件 キャラ文芸 1,611 位 / 1,611件