【短編】贄姫に離縁を告げたのは残虐と噂の帝王様でしたーー。

残虐な国王として知られるロマルド国王レオポルドは、辺境の村の巫女リリアルを妻にした。

侵略した国の人質としてーー。

国王レオポルドはリリアルより歳が20上で、すでに10人以上の妻がいるという。

皆、彼女の不幸を憂いていたがーー。
24h.ポイント 7pt
0
小説 35,049 位 / 187,447件 恋愛 15,103 位 / 56,791件

あなたにおすすめの小説

婿探しをしていた夜会で、宰相子息が婚約破棄され私との結婚を命じられていた

ミズメ
恋愛
十八歳になったクラウディア・シェーンハイトは家のため婿を探していた。 生家の辺境伯領からはるばる王都の夜会にまで繰り出し、初めての社交というものに目を白黒させていた。地元にはクラウディアのお眼鏡にかなう人物はひとりとしていないため、婚活は難航している。 『わたくしたち、婚約は破棄いたしましょう!』 そんな時、パーティーの中央から高らかな宣誓が聞こえたのだった。 ○厄介払いのように辺境伯への婿入りを強いられた宰相子息ジルヴェスターと武闘派の辺境伯令嬢クラウディアのお話 ○王都編はおまけとして読んでくださいね…!!

【完結】素直になれない意地っ張り令嬢、ツンデレ極めたら愛され令嬢になりまして。

Rohdea
恋愛
意地っ張りで、なかなか素直になれなれない伯爵令嬢アニエス。 ツンツンした態度と可愛くない言動のせいで、 いつしか、ついた渾名は“嫌味令嬢” なかなか良縁に恵まれない日々が続いていた。 ある日、そんなアニエスの元に 数年前から突然行方をくらましていた幼馴染かつ淡い初恋の相手、ナタナエルが戻って来た。 アニエスの素直になれない性格もツンツンした可愛くない態度も まるっと受け入れてくれようとするナタナエル。 そんな彼に、いつしか絆されて少しずつ心を開いていくアニエス。 しかし、そんなアニエスの元に、 彼の“婚約者”だと名乗る令嬢が現れる。 どうやら、ナタナエルはアニエスに秘密にしていたことがあったようで───? ★なぜか終わらずに現在も連載投稿中の 『王女殿下に婚約破棄された、捨てられ悪役令息を拾ったら溺愛されまして』 こちらの話の主人公から知らぬ間に “大親友” 認定をされていたツンデレ苦労性令嬢の話★

令嬢は大公に溺愛され過ぎている。

ユウ
恋愛
婚約者を妹に奪われた伯爵家令嬢のアレーシャ。 我儘で世間知らずの義妹は何もかも姉から奪い婚約者までも奪ってしまった。 侯爵家は見目麗しく華やかな妹を望み捨てられてしまう。 そんな中宮廷では英雄と謳われた大公殿下のお妃選びが囁かれる。

嫌われ者の側妃はのんびり暮らしたい

風見ゆうみ
恋愛
「オレのタイプじゃないんだよ。地味過ぎて顔も見たくない。だから、お前は側妃だ」 顔だけは良い皇帝陛下は、自らが正妃にしたいと希望した私を側妃にして別宮に送り、正妃は私の妹にすると言う。 裏表のあるの妹のお世話はもううんざり! 側妃は私以外にもいるし、面倒なことは任せて、私はのんびり自由に暮らすわ! そう思っていたのに、別宮には皇帝陛下の腹違いの弟や、他の側妃とのトラブルはあるし、それだけでなく皇帝陛下は私を妹の毒見役に指定してきて―― それって側妃がやることじゃないでしょう!?

望まぬ結婚の、その後で 〜虐げられ続けた少女はそれでも己の人生を生きる〜

レモン🍋
恋愛
家族から虐待され、結婚を機にようやく幸せになれると思った少女、カティア。しかし夫となったレオナルドからは「俺には愛するものがいる。お前を愛することはない。妙な期待はするな」と言われ、新たな家でも冷遇される。これは、夢も希望も砕かれた少女が幸せを求めてもがきながら成長していくお話です。 ※本編完結済みです。気ままに番外編を投稿していきます。

あなたは一体誰ですか?

らがまふぃん
恋愛
 その帝国には四人の皇子と二人の皇女がいる。一番末の第四皇子カダージュは、怠惰、陰気、愚かなど、侮蔑の言葉を向けられる皇子として知られていた。皇族からも見放され、成人後は皇位継承権を返上させられ、通常であれば返上した者が就く大公の位まで下げられようとしている。そんな噂が流れるほど、カダージュの評価は低い。そんなカダージュの婚約者であるメリオラーザに、第一皇子の生誕祭で――。 本編全12話プラス番外編です。 ※ご都合主義ですので、何でも笑って読んでいただける方向けのお話しです。 R5.12/24HOTランキング入りしておりました。たくさんのお気に入り登録、しおり、エールをありがとうございます(泣)読んでくださったみなさまに心から感謝を!素敵なクリスマスプレゼントを、ありがとうございました!

婚約破棄されたい公爵令息は、子供のふりをしているけれど心の声はとても優しい人でした

三月叶姫
恋愛
北の辺境伯の娘、レイナは婚約者であるヴィンセント公爵令息と、王宮で開かれる建国記念パーティーへ出席することになっている。 その為に王都までやってきたレイナの前で、ヴィンセントはさっそく派手に転げてみせた。その姿はよく転ぶ幼い子供そのもので。 彼は二年前、不慮の事故により子供返りしてしまったのだ――というのは本人の自作自演。 なぜかヴィンセントの心の声が聞こえるレイナは、彼が子供を演じている事を知ってしまう。 そして彼が重度の女嫌いで、レイナの方から婚約破棄させようと目論んでいる事も。 必死に情けない姿を見せつけてくる彼の心の声は意外と優しく、そんな彼にレイナは少しずつ惹かれていった。 だが、王宮のパーティーは案の定、予想外の展開の連続で……? ※設定緩めです ※他投稿サイトにも掲載しております

夫は魅了されてしまったようです

杉本凪咲
恋愛
パーティー会場で唐突に叫ばれた離婚宣言。 どうやら私の夫は、華やかな男爵令嬢に魅了されてしまったらしい。 散々私を侮辱する二人に返したのは、淡々とした言葉。 本当に離婚でよろしいのですね?