小さな奇跡 ~妖精王に嫁いだ姫君は初めて知る感情に戸惑いを覚える~

少女、アリス・メチ・ティネンテは、黄緑の髪と金色の瞳を持つ、゛ファータ゛の第三王女だった。ファータとは、「妖精」という意味だが、彼女たちはその人間離れした容姿や力を恐れられ、国から追い出されることになっていた、... 表向きは。

時を同じくして、妖精王は度々の人間の行動に煮えくり返っていた。

ファータは妖精ではないが、それに準ずる希な存在。それを妖精の゛呪い゛やらなんやら言い始めたあげくに勝手に供物として捧げる、しかも結局は殺されたり商品としたり。

さてさて、少女とファータ、人間と妖精は、どのような歴史を築いたのでしょうか。

これは、一昔前の、お伽噺の元となった時代の物語。
24hポイント 0pt
小説 99,687 位 / 99,687件 恋愛 27,758 位 / 27,758件