死ぬほど強くなる?スキル『デスルート』に殺される僕

選定の儀
それは唯一スキルを得られる儀式である。

毎年10歳の誕生日に選定の儀を受けてスキルを授かる。
授かるスキルは人生で1つのみ。
そのため、スキルによって人生が左右されると言っても過言ではない。

主人公であるユリウス・フォン・シュタットベルクはその公爵家の名に恥じないスキル。
剣術系統、最上級スキルである『剣聖』を授かりたいと思い、選定の儀に望む。

しかし、手に入ったスキルは
『デスルート』
死ぬ程強くなる道が解放される
※※※※※※※
と言う訳の分からないスキルであった。

使い方、効果の分からないスキルにより、父に幽閉され殺されてしまう。

「なんで僕だけがこんな目に遭わなければいけないんだ。」

このスキルを獲得したにより殺されてしまったのだ。


※※※※※※※の謎が解けた時

僕は…俺は人生を取り戻すため復讐を決意する。



24hポイント 7pt
小説 19,761 位 / 87,037件 ファンタジー 4,450 位 / 24,884件