スライムダンジョン経営物語~プニプニに包まれた生活

疲れ果てて気絶するように眠ってしまった俺、兵藤誠。いつものように起き上ったらなんか薄暗い洞窟の中にいた。光が出ているところに行くと綺麗な湖があり、そこには一匹の青色のスライムがいた。スライム曰くこの洞窟と契約しろということだ。契約し、ダンジョンとしてこの洞窟を運営してほしいと言われた。俺は迷いなく契約しこの洞窟でダンジョン経営をすることになった。
24hポイント 0pt
小説 63,878 位 / 63,878件 ファンタジー 20,004 位 / 20,004件