ガラス越しの淡いユキ

──大学生と芸能人の恋。
 大学に通う志摩晴弥は、秘められた想いを誰にも言わずに隠し続けてきた。
 ゲイであることが家族に知られ、父親との確執が深まる中、電波を通して聞こえてきた声の主に密かに恋をしてしまったのだ。
 顔も知らない相手であり、DJを名乗るユキは、穏やかな声でいつも優しく晴弥に語りかける。彼の情報といえば、甘いものが好きで髪は黒、少しの英語を話せることくらい。小さな恋心は大きく膨れ上がり、悶々とした日々を過ごしていた。
 ところが、晴弥の通う大学の文化祭に、ゲストのシンガーと共に、司会者としてユキがやってくることになった。会いたくて会いたくてたまらなかった人が目の前にいる。晴弥の出した答えとは──。
24hポイント 0pt
小説 148,927 位 / 148,927件 BL 17,199 位 / 17,199件