不来方しい

不来方しい

不来方(こずかた)しいと申します。お気に入り登録いつもありがとうございます。BL小説とブロマンスのキャラ文芸を中心に書いております。
8
─ブロマンス系バディ小説─銀行にお金を下ろしに行っただけなのに、強盗に合ってしまった。ソファーの陰で息を潜める中、隣には冷静に状況を把握する外国人がいた。  彫刻のような男に見入っていると、状況を打破すべく策を持ち出す男に、危険な香りと彼をもっと知りたいという高揚感で満たされた。  彼はバーテンダーだという。店に招待されると、未知の世界が広がっていた。  普通の大学生と自身を語ろうとしない外国人が出逢い、新しい世界が広がっていく。
24hポイント 21pt
小説 13,537 位 / 76,986件 キャラ文芸 152 位 / 1,859件
文字数 206,578 最終更新日 2020.07.01 登録日 2019.12.03
BL 連載中 長編 R18
──独占したいほど、大好きな友達に出会った。 クラスにやってきた転校生は、大人びていてどこか浮き世離れした印象だった。クラスの視線をものともせず、水瀬葵の視線を独占したのは目立たない存在の佐藤鈴弥だった。 探偵クラブを設立し、孤独に依頼を待つ日々が続いていたが、最初の依頼人になってくれたのは、転校生の葵だった。 徐々に仲良くなりたいと願っていたはずなのに、遠慮を知らない葵は親友として、ときには勘違いしそうなほど恋人として接してくる。そんな葵にはとんでもない秘密があった。 ──リン、俺はね、違う世界線からやってきた。リンに会いたくて、死に向かって進んでいるリンを止めたくてキミの元に来た。 突拍子もないことを言い始める葵に、鈴弥は唖然とするしかなかった……。
24hポイント 7pt
小説 18,469 位 / 76,986件 BL 3,172 位 / 6,998件
文字数 65,554 最終更新日 2020.06.28 登録日 2020.04.17
BL 完結 長編
──メールから始まる勘違いと、恋。 祖母の和菓子屋で働く柊藍の元に届いたメールは「取り扱いのない琥珀糖を作ってほしい」というものだった。作ったことがないのに祖母に任せされ、試行錯誤を繰り返しながら腕を上げていく。メールでやりとりをしているうちに、相手はぜひ会ってお礼がしたいと言う。彼の優しさに好意を寄せていくが、名前のせいか、女性だと勘違いをされているのだと気づく。言い出せないまま、当日を迎え、ふたりは……。
24hポイント 0pt
小説 76,986 位 / 76,986件 BL 6,998 位 / 6,998件
文字数 83,716 最終更新日 2020.04.07 登録日 2020.01.09
BL 完結 長編
──決して一等星ではないけれど、あなたに相応しい人になりたいんだ。 教室に入ってきた新しい担任は、肩幅の合っていないスーツに大きな黒縁眼鏡をかけた、小さな少年のような教師・星宮みさきだった。生徒を生徒とは思っていないような、どこか浮き世離れをした雰囲気を醸し出していた。 放課後、担任のプライベートを知った一ノ瀬雅人は、徐々に気になる存在となっていき……。
24hポイント 0pt
小説 76,986 位 / 76,986件 BL 6,998 位 / 6,998件
文字数 78,034 最終更新日 2020.01.02 登録日 2019.11.05
男性同士の未来の話。  カプセルの中から目覚めたとき、俺は記憶を失われていた。なぜ此処にいるのか、自分の名前は何だったのか、肝心なことは頭の片隅にすらなかった。  突然現れた白衣を着た男は、住み心地の良い牢獄とも取れる部屋で生活するよう強いるが、世話を焼く姿は懸命で、よく皿を割って、涙が出るほど嬉しくて懐かしい。 ──お前は此処から出すつもりはない。  白衣の男は口癖のように繰り返す。外の世界は、一体どんな景色が広がっていて、どんな生き物たちと生存しているのだろうか。  窓のない小さな世界で、愛情を注ぎ続ける男と今日も一日を過ごす──。
24hポイント 0pt
小説 76,986 位 / 76,986件 キャラ文芸 1,859 位 / 1,859件
文字数 193,072 最終更新日 2019.11.29 登録日 2019.07.20
BL 完結 長編
──大学生と芸能人の恋。  大学に通う志摩晴弥は、秘められた想いを誰にも言わずに隠し続けてきた。  ゲイであることが家族に知られ、父親との確執が深まる中、電波を通して聞こえてきた声の主に密かに恋をしてしまったのだ。  顔も知らない相手であり、DJを名乗るユキは、穏やかな声でいつも優しく晴弥に語りかける。彼の情報といえば、甘いものが好きで髪は黒、少しの英語を話せることくらい。小さな恋心は大きく膨れ上がり、悶々とした日々を過ごしていた。  ところが、晴弥の通う大学の文化祭に、ゲストのシンガーと共に、司会者としてユキがやってくることになった。会いたくて会いたくてたまらなかった人が目の前にいる。晴弥の出した答えとは──。
24hポイント 0pt
小説 76,986 位 / 76,986件 BL 6,998 位 / 6,998件
文字数 113,674 最終更新日 2019.11.02 登録日 2019.08.17
BL 完結 長編 R18
茶道の家元となるべく、葉純凜太は毎日稽古に明け暮れていた。叔父の一馬と身体の関係を続け、密かな恋心を抱いていた矢先、突如別れを告げられる。男性にしか恋が出来ない跡継ぎ、失った愛、家元に逆らえない運命が小さな身体にのしかかる。 心臓の病に倒れたとき、救ってくれたのは写真家の息子で、プロのサッカー選手を夢見る八重澤淳之だった。自由に生きる彼に惹かれるも、ことあるごとにちょっかいを出す一馬。 淡い恋心の間で揺れ動く──。
24hポイント 0pt
小説 76,986 位 / 76,986件 BL 6,998 位 / 6,998件
文字数 83,928 最終更新日 2019.07.27 登録日 2019.06.07
目に見えない者が見える景森悠(かげもりはるか)は、道に迷った外国人ルカを助けると、彼も見える人だった。 祖母が亡くなり、叔父に遺品である骨董品を奪われそうになったとき、偶然にも助けた外国人は美術鑑定士だった。 美術鑑定士は表向きの仕事で、本来は霊救師(れいきゅうし)として動いているという。霊の声を聞き、話をし、失踪者を捜し事件の謎を解く。霊が見える悠に、ルカはぜひ店に来てほしいと言われ……。
24hポイント 42pt
小説 9,677 位 / 76,986件 キャラ文芸 119 位 / 1,859件
文字数 593,096 最終更新日 2019.07.09 登録日 2018.05.31
8