深酒して起きたら、隣に男が寝ているようです

【完結】
支倉千織25歳。
起きると、知らない部屋、知らないベッドの上にいた。
昨日は強いお酒を飲んでしまい、お酒を飲んでからの記憶が全くない。
ここはどこだろうと考えていると、隣で何かが動いた。
大きくて、ごつごつして、人の形のものがベッドの中、千織の左側にいる。
もしかして男?
驚いて確かめてみると、千織の身体には無数の鬱血痕が残されていた。
10時間前までは、千織は確かに処女だった。
でも、今は……?
あまりの驚きに、相手の顔も見ずに逃げ出してきてしまった。
あれは誰だったのか……。
同僚?お隣さん?まさか……あなただったなんて。
隣に寝ていた謎の男Xの正体を探れ!
(ムーンライトノベルズにも掲載しています)
24hポイント 49pt
小説 16,754 位 / 140,210件 恋愛 8,055 位 / 43,364件