悪役令嬢とか意味が分からないので獣人と暮らすことにした

高熱を出して寝込んだら、夢の中に私の守護精霊が現れた。
「このまま死なれたら困る。君の人生予定表では、王子の婚約者に指名されたもののいろいろあって断罪されて婚約なんてなかったことになって、別の女が王子と結婚するのだから」
そんなの冗談ではないので、私、シュテフィ=ルルツは学校をやめて家を出て運命に抗おうと決意する。
守護精霊はごちゃごちゃと文句を言うけれど聞いていられない。
下宿先を見つけた帰り道、私は初めて奴隷が売られているのを目撃した。売られていたのは獣人の男の子だった。私は言葉がわからずおびえた目をしたその子を買い取り、一緒に暮らすことにした。
悪役令嬢とか意味が分からない。私はこの獣人の子供といっしょに生きていくんだから
※獣人は人の姿に獣の耳や尻尾が生えています
※不定期
※なろうからの転載
24hポイント 21pt
小説 15,585 位 / 77,381件 恋愛 5,777 位 / 20,413件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

なんちゃって悪役王子と婚約者

恋愛 / 完結 24h.ポイント:56545pt お気に入り:1046

狼さんの木陰カフェ〜追放聖女は闇魔法でスローライフを送りたい〜

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:25575pt お気に入り:2712

転生初日に妖精さんと双子のドラゴンと家族になりました

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:7001pt お気に入り:3718

敵国に身代わりとして捧げられた花嫁はモフモフ姫巫女だった件

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:27451pt お気に入り:4184