あさじなぎ

あさじなぎ

ヤンデレとツンデレが多いらしい。以前載せてた小説が、白泉社様からコミカライズされました
12
BL 連載中 長編 R18
α×β。 俺は雷を操る力を持っているため、子供の頃から家電製品を壊してきた。 その為親に疎まれて育った俺、緋彩は、高校進学時から家を出て、父方の祖父母が住んでいた空き家にひとり暮らししている。 そんな俺を溺愛する、双子の弟、蒼也との歪んだ関係に苦しみながら、俺は大学生になった。 力を防ぐ為にいつもしている黒い革手袋。その事に興味を持って話しかけてきた浅木奏の存在により、俺の生活は変わりだす。 彼は恋人役をやろうかと言い出してた。 弟を遠ざけるため俺はその申し出をうけ、トラウマと戦いながら奏さんと付き合っていく。 ※最初から近親相姦あり ※攻めはふたりいる 地雷多めだと思う ムーンライトノベルズにも載せてます
24hポイント 156pt
小説 8,290 位 / 148,841件 BL 1,777 位 / 17,124件
文字数 62,340 最終更新日 2022.07.23 登録日 2022.06.22
BL 完結 長編 R18
α×β、オメガバース。 大学に入ったら世界は広がると思っていた。 なのに、友達がアルファとオメガでしかも運命の番であることが分かったことから、俺の生活は一変してしまう。 「お前が身代わりになれよ?」 俺はオメガの身代わりに、病んだアルファの友達に抱かれることになる。 卒業まで限定の、偽物の番として。 ※フジョッシー、ムーンライトにも投稿 ※信じられないかもだけどハッピーエンドの予定だよ フォロワさんが、千早のイラスト書いてくれた ※20220517 本編終了、番外編掲載中 ※20220623 番外編終了 お読みくださりありがとうございました ※DLsiteがるまにより「偽物の番 上巻」DLs「偽物の番 中巻」配信中 ※BOOTHにて紙本「偽物の番 上巻」「中巻」販売中、品切れましたありがとうございます
24hポイント 149pt
小説 8,499 位 / 148,841件 BL 1,829 位 / 17,124件
文字数 233,177 最終更新日 2022.06.23 登録日 2022.05.01
人の辛い記憶を吸い上げ消すことが出来る高校生の北城紫音は、大学病院でアルバイトをしている。 その病院の近所で猫の惨殺死体が発見されるようになる。 紫音は友人の雷使い、臨と共に調査に乗り出す。 調査していくうちに、幽霊や妖怪などと関わるようになり、紫音たちは彼らの起こすトラブルに巻き込まれていく。 ※魔法のiランドにも掲載しています
24hポイント 0pt
小説 148,841 位 / 148,841件 キャラ文芸 3,444 位 / 3,444件
文字数 12,064 最終更新日 2022.06.17 登録日 2022.06.13
恋愛 連載中 長編
高熱を出して寝込んだら、夢の中に私の守護精霊が現れた。 「このまま死なれたら困る。君の人生予定表では、王子の婚約者に指名されたもののいろいろあって断罪されて婚約なんてなかったことになって、別の女が王子と結婚するのだから」 そんなの冗談ではないので、私、シュテフィ=ルルツは学校をやめて家を出て運命に抗おうと決意する。 守護精霊はごちゃごちゃと文句を言うけれど聞いていられない。 下宿先を見つけた帰り道、私は初めて奴隷が売られているのを目撃した。売られていたのは獣人の男の子だった。私は言葉がわからずおびえた目をしたその子を買い取り、一緒に暮らすことにした。 悪役令嬢とか意味が分からない。私はこの獣人の子供といっしょに生きていくんだから ※獣人は人の姿に獣の耳や尻尾が生えています ※不定期 ※なろうからの転載
24hポイント 0pt
小説 148,841 位 / 148,841件 恋愛 46,929 位 / 46,929件
文字数 47,722 最終更新日 2022.02.22 登録日 2020.02.26
恋愛 連載中 長編 R18
子供の頃から、私には赤い糸が見えた。 でも、いつも見えるわけじゃなくって、ふとした瞬間に見えるだけで好きなときに見えるわけじゃないからあんまり役に立ってない。 そして18年以上生きてきて、私は運命の赤い糸の相手に出会ったことがなかった。 なのに、大学の入学式で、私は赤い糸どころか鎖でつながっている相手に出会う。 それは保育園からの知り合いで、なんとなく苦手な遊佐千里君だった。 なんでこいつとこんな鎖が繋がっているの? 正直遊佐君、苦手なんだけれど。 この鎖を断ち切る方法はないだろうか? そう葛藤するなか、なぜか彼は私に距離を詰めてきて―― 赤い鎖を断ち切りたい私と、闇が深いホストの彼との攻防 ※ムーンライト重複 ※本編に直接出てきませんが、遊佐は、望まない形で複数の女性と関係をもっています
24hポイント 0pt
小説 148,841 位 / 148,841件 恋愛 46,929 位 / 46,929件
文字数 27,583 最終更新日 2020.12.02 登録日 2020.11.21
恋愛 連載中 長編 R18
私には前世の記憶がある。ちょっとだけだけれど。 その記憶のおかげで私は人と違うことを認識し、人と距離を置いてきた。 そんな私がパーティーでおぼろげに覚えている歌を歌っていたら、青年に声をかけられた。 「君も、前世の記憶があるのか?」 前世の記憶を持つ私と王子の話
24hポイント 7pt
小説 35,293 位 / 148,841件 恋愛 16,425 位 / 46,929件
文字数 10,523 最終更新日 2020.10.24 登録日 2020.04.25
婚約破棄を申し出たはずなのに、国境の町で家かって、気ままに暮らす私のもとに、元婚約者の王子が押し掛けてきた。 「俺と賭けをしないか?」 そう言った王子様は、なぜか私の家で一年同居すると言い出した。 「一年の間に君が俺に興味をもったら俺の勝ち。少しの興味ももたなかったら君の勝ちだ」 いや、私神官としての仕事が楽しいし、恋とか結婚とか興味ないんですが。っていうか、婚約断りましたよね、きっぱりと。 だから私のことなんて諦めてほしいんです。 神官見習いである公女と、商会の事務員として働く王子様と獣人の子供のおかしな同居生活。 *獣人は人に近い姿で耳と尻尾が生えています。 ※ムーンライトにも掲載していますがこちらは全年齢版になります
24hポイント 49pt
小説 16,338 位 / 148,841件 恋愛 7,775 位 / 46,929件
文字数 138,226 最終更新日 2020.02.09 登録日 2019.11.11
恋愛 連載中 長編
昔の約束は、今でも有効だろうか? 私ルォシーはある少年と、邪神の呪いからこの国を解放する約束をした。 時間が流れて彼は皇帝になり、私は後宮付魔導師見習いとなった。 ただ昔の約束を果たしたかっただけの私は、天の竜であるユーハンと共に行方不明になっている邪神の欠片を喰らう竜を探す。 どうやら皇太后様が竜失踪事件にかかわっている様で、捜索は難航してしまう。 そんな中皇帝の皇后候補となる宮女の募集が行われることになり、私はその一人に選ばれる。 時にぶつかりつつ、惹かれあっていくふたりの話 なろうにも投稿
24hポイント 0pt
小説 148,841 位 / 148,841件 恋愛 46,929 位 / 46,929件
文字数 19,255 最終更新日 2020.01.09 登録日 2020.01.05
ある日、翔太郎が桜の散る中自転車で走っていると、黒いものが身体の中にすっと吸い込まれてしまった。 猫に憑りつかれてしまった神原翔太郎は、妖怪の類が見えるようになる。 普通じゃない日々を送るようになった翔太郎の前に一匹の狐が現れる。 その狐の願いをかなえるために、翔太郎は自転車を走らせる。 なろう掲載の「妖怪たちがいる日常」に加筆したもの
24hポイント 0pt
小説 148,841 位 / 148,841件 キャラ文芸 3,444 位 / 3,444件
文字数 1,904 最終更新日 2019.11.28 登録日 2019.11.28
満員電車から降りると、声をかけられた。 「スカート、切れてます」 そう教えてくれた大学生くらいの青年は、裂かれたスカートを隠すのに使ってくれとパーカーを貸してくれた。 その週末、私は彼と再会を果たす。 パーカーを返したいと伝えた私に彼が言ったのは、 「じゃあ、今度、俺とデートしてくれます?」 だった。 25歳のOLと大学三年生の恋の話。 小説家になろうからの転載
24hポイント 0pt
小説 148,841 位 / 148,841件 恋愛 46,929 位 / 46,929件
文字数 14,982 最終更新日 2019.03.30 登録日 2019.03.27
恋愛 完結 長編 R15
2年付き合った年上の彼氏に振られた琴美。 振られた腹いせに友達とやけ酒飲んだ帰り道、繁華街で高校生くらいの少年を拾う。 サラサラの黒い髪。二重の瞳に眼鏡をかけたその少年は、「家、泊めていただけますか?」なんてことを言って来た。 27歳のOLが、家事堪能な少年と過ごす数日間。 小説家になろうにも掲載しているものを転載。一部加筆あり。以前拍手にのせていたifエンドのお話をのせています。
24hポイント 0pt
小説 148,841 位 / 148,841件 恋愛 46,929 位 / 46,929件
文字数 34,454 最終更新日 2018.08.13 登録日 2018.04.14
二年前、儚げな少女・空と、いつも仏頂面の硬派な少年・夕羽(ゆうは)は大切な人を殺された。 それはクリスマスの出来事だった。 以来、空は思い出の中に閉じこもる。そんな空を、夕羽はずっと支え続けた。 夕羽の親友である軟派な少年亜砂斗(あさと)は、空に恋心を抱き、一年以上、彼女に冗談めかして好きだと言い続ける。 時は高校三年生の12月。学園は1月の初めに三学期末試験が行われ、長い家庭学習期間に入る。 そんな時期に、夕羽は友人たちと距離を置き、ひとり屋上へと引きこもる。 空と夕羽が大好きな少女、凛は、ひとり夕羽をさがし、学園をさ迷う。 大好きといくら言葉を重ねても、空は拒絶し続ける。 そんな空に亜砂斗は振り回されながら、彼女を追い求める。 四人の思いが交錯するなか、確実に別れの時は近づく。 ボーイズラブ表現がちょっと出てきますので注意。 本当にちょっとです。 小説家になろうに掲載してるものを加筆修正
24hポイント 0pt
小説 148,841 位 / 148,841件 恋愛 46,929 位 / 46,929件
文字数 53,250 最終更新日 2015.03.25 登録日 2015.03.25
12