離れる気なら言わないで。~運命に振り回される僕はいつ自由になれるのかな?~

「おいっ・・・・・・」

・・・・・・先輩・・・・・・・・・・・・?
いつも落ち着いてる先輩が今日は額に汗を浮かべて、走って追いかけてきた。

「・・・・・・・・・・・・別れよ」
「・・・・・・・・・・・・はい」


分かってた。結局はこんな運命・・・・・・。
もう何回目なのかな?
悲しいなんて忘れちゃった。
運命だから――。

ごめんなさい・・・。
僕が悪いんだ。





でも、、どうしても思ってしまう。

離れる気なら最初から『好き』だなんて言わないでよ――。
筋違いなのは分かってる。
僕のせいなのも分かってる。
でも・・・・・・。

知りたいよ・・・。
『好き』って、、何?







※予告なく視点が変わります。
24hポイント 0pt
小説 53,680 位 / 53,680件 BL 4,296 位 / 4,296件