異世界の『贄』として殺された僕がこの世界で生きるにはどうしたら良いのですか?

異世界『ユグドラシル』から贄として殺されたはずなのに何の因果か“この世界”に落とされた村人A・・・・・・ルウ。

何も知らない彼が“この世界”で出会う三人の騎士。


「俺に囲われてろ」

「僕なら、絶対君を幸せにする···!」

「俺じゃダメ?・・・ずっと一緒にいよ」






「えーと・・・どうしたら良いんでしょうか?」




──────────

※思っていたより長くなりそうなので長編に変更しました。
すみませんm(。>__<。)m
24hポイント 0pt
小説 101,459 位 / 101,459件 BL 10,200 位 / 10,200件