こじらせ女子の恋愛事情

過去の恋愛の失敗を未だに引きずるこじらせアラサー女子の私、仁科真知(26)

そんな私のことをずっと好きだったと言う同期の宗田優くん(26)

いやいや、宗田くんには私なんかより、若くて可愛い可憐ちゃん(女子力高め)の方がお似合いだよ。

なんて自らまたこじらせる残念な私。

「俺はずっと好きだけど?」

「仁科の返事を待ってるんだよね」

宗田くんのまっすぐな瞳に耐えきれなくて逃げ出してしまった。
これ以上こじらせたくないから、神様どうか私に勇気をください。


*******************

この作品は、他のサイトにも掲載しています。
24hポイント 35pt
小説 14,905 位 / 111,431件 恋愛 6,190 位 / 32,049件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

「君は保留だった」らしいです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:41316pt お気に入り:1960

愚かな恋

恋愛 / 完結 24h.ポイント:0pt お気に入り:45

もう一度、君に逢いたい

恋愛 / 完結 24h.ポイント:7pt お気に入り:38

私に「愛人の子供を育てろ」と仰るのですね。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:34190pt お気に入り:3302

幼馴染が熱を出した? どうせいつもの仮病でしょう?【完結】

恋愛 / 完結 24h.ポイント:20412pt お気に入り:4833