愛し子なんかに屈しない─神に踏み台にされた私─

 シュテール王国では、子供が5歳になると教会にて祈りを捧げる儀式がある。
 ただの儀式なので、普通は祈って終わりである──

 普通は……

 公爵令嬢ジネヴィラも慣習に従い、5歳になった年に教会にて祈りを捧げた。

 しかし、そこに現れたのはアストル神!
 なんでも、自分の愛し子の幸せは、この国の幸せにも繋がるので、神が考えた幸せ計画の当て馬にジネヴィラを指名してきた─

 抗うために色々努力したけれど、結末は変えられなかった……
 それでも、愛し子に負けるのは嫌なので、自分なりに試行錯誤しながら頑張る話

※頻繁に登場人物の名前間違えます
気づいたら訂正してますが、混乱させてスミマセン
24hポイント 21pt
小説 14,158 位 / 85,056件 恋愛 6,067 位 / 22,688件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!