ある侯爵令嬢の失恋

───彼女が初めての恋を捧げた相手は、血の繋がった実の兄でした。

某伯爵家に嫁いだ侯爵令嬢である芙三は、寒い冬の夜に夫と共に一計を案じて、とある陸軍の青年将校を誘い出すことに成功する。
その青年将校とは、かつて実家を飛び出して陸軍幼年学校に入校した生粋の陸軍エリートである男で、そして彼女の実の兄であった。
芙三の父が外で作った妾の子である兄は、外国の血を引いていたため灰色の瞳を持っている。そのため狭い華族社会では白い目で見られて陰口を叩かれていたのだ。
奸計を張り巡らせ、兄を華やかな社交界に引き摺り出すことに成功した芙三。いったい彼女は何を考えて兄を罠に嵌めたのだろうか……その真意とはいかに。

とある寒い日の夜のこと。少女の恋が、夢の内に眠っていく話。



※この話は大正~昭和五年を舞台にしているため、差別用語など現代では不適切な表現等が見受けられますが、作者にはそれらを称賛する意図はありません。あしからず。差別ダメ、ゼッタイ。


※読む人によって意味が変わる系の話です。どうぞ「最後まで」読んでください。
24hポイント 0pt
小説 99,994 位 / 99,994件 恋愛 27,911 位 / 27,911件