八月の終わりに不思議な君と

 高校三年の夏休みも、残すところあと五日。
 暇を持て余していたダイチは、桃色の髪の不思議な少年、ホープと出会う。

 あの夏の五日間に戻りたいかと聞かれたら、ぼくは戻りたいと言うだろう。


※他投稿サイトでも公開しております。

※矛盾点や誤字脱字、その他変更すべきだと判断した部分は、気付き次第予告・報告なく修正しますのでご了承ください。
24hポイント 0pt
小説 128,106 位 / 128,106件 青春 4,909 位 / 4,909件