猫の生命火

 とある、肌寒い雨の夜。

 通い慣れた通勤路を足早に歩いていると、街灯の下に置かれていたダンボールの中で一匹の黒猫に出会った。

 それがーーーー君と僕の新たな生活の始まりだった。

 
24hポイント 0pt
小説 57,227 位 / 57,227件 ライト文芸 2,342 位 / 2,342件