妹の日記が官能的すぎる

 
 中神繋手(なかがみつなで)は五つの時父親の再婚により義妹の架音(かのん)と兄妹になった。
 だがその架音は実は同じ歳、それも誕生日はたった一日遅いだけの妹。 それでは妹感が無いだろうと思っていた繋手だったが、架音は性格的に妹感が強い子だった。
 いつも兄に付いて歩き、兄を慕う可愛い妹。 中学の時またも親同士が離婚となったにも関わらず、架音は実の母親より今の生活を選んだ程兄を慕っていた。
 高校生になっても二人は仲睦まじく暮らしていたのだが……。

 ある日、一冊の日記が兄妹の関係に大きな変化をもたらすのだった。


※この作品は他サイトでも掲載しております。
24hポイント 28pt
小説 11,702 位 / 77,589件 恋愛 4,876 位 / 20,509件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!