幸せの椅子【完結】

 泣き叫び、哀願し、媚び諂い……思いつくことは、何でもした。
 それでも、男は、笑って、いた……。

 一九八五年、華南経済圏繁栄の噂が広がり始めた中国、母親の死をきっかけに、四川省の農家から、二人の幼子が金持ちになることを夢見て、繁栄する華南経済圏の一省、福建省を目指す。二人の最終目的地は、自由の国、美国(アメリカ)であった。
 一人は国龍(グオロン)、もう一人は水龍(シュイロン)、二人は、やっと八つになる幼子だ。
 美国がどこにあるのか、福建省まで何千キロの道程があるのかも知らない二人は、途中に出会った男に無事、福建省まで連れて行ってもらうが、その馬車代と、体の弱い水龍の薬代に、莫大な借金を背負うことになり、福州の置屋に売られる。
 だが、計算はおろか、数の数え方も知らない二人の借金が減るはずもなく、二人は客を取らされる日を前に、逃亡を決意する。
 しかし、それは適うことなく潰え、二人の長い別れの日となった……。
 ※表紙はフリー画像を加工したものです。
24hポイント 28pt
小説 10,194 位 / 65,996件 ライト文芸 215 位 / 2,520件