永遠の呪い

その昔。
 地上に未曾有の災害が発生した。天災である。だが地震でも雷でも津波でも嵐でも無い。遥か高き天から伸びてきた『それ』は、鞭のように、爪のように……大地と人々を引き裂いた。
 透明のガラスのような、実態の無い『それ』は、通り過ぎたものにあるひとつの変化を及ぼした。
 人々はそれを、『呪い』と呼んだ。
24hポイント 0pt
小説 79,458 位 / 79,458件 ファンタジー 22,846 位 / 22,846件