天に向かって鳴子を鳴らせ

北海道の初夏の風物詩と言われるよさこいソーランを、道民全てが愛しているとは限らない――。

よさこいソーランに全く興味がなかった大学生の洋平は
大学の学祭で、先輩の紅子に強引に「本物の」よさこいソーランチームの演舞を見せられる。
踊り子の中には、幼馴染の舞香の姿もあった。

初めて目の当たりにしたよさこいソーランの演舞に感動して
ついチームの勧誘に乗ってしまった洋平。

チームの目標は、大賞受賞!
24hポイント 0pt
小説 53,619 位 / 53,619件 ライト文芸 2,288 位 / 2,288件