うらめし庵には夜が潜んでいる

大学一年の夏休み直前。相田(あいだ)と、友人の須藤(すどう)は頭を抱えていた。日頃の散財が原因で、夏休み前にも関わらず遊ぶ金が底をついてしまったのである。
「金が無いなりにも楽しみたい。」そんな二人はある日、学内の掲示板に張り出された一つの求人に興味を示す。
それは、都心から一時間半程離れた場所にある、古物商宅での短期の住み込みアルバイトの求人であった。
24hポイント 0pt
小説 80,275 位 / 80,275件 ホラー 2,883 位 / 2,883件