鳴かない“猫”の鳴かせ方。

ある日、猫を拾った。泣きそうな目をした、綺麗な毛並みの猫を――。
ホストクラブでNO.1として働く白崎寛哉は、公園の端でうずくまる青年、シロを拾った。頑なに話そうとしない彼は、言葉を発する事を極端に怖がっているようで……。

スパダリ系ホスト(28)×捨て猫系美青年(20)。

(R18要素の含まれる回には*マークを付けています)
24hポイント 42pt
小説 16,415 位 / 144,682件 BL 3,426 位 / 16,492件