後追いした先の異世界で、溺愛されているのですが。2

暖人にとって、涼佑は世界そのものだった。
崖から落ち行方不明になったとされる涼佑の後を追い、暖人は躊躇いなく崖から飛び降りた。
……だが、目を覚ますとそこは何故か鬱蒼とした森の中だった。
盗賊に襲われているところを、騎士団長のウィリアムとオスカーに助けられる。
暖人を保護し、涼佑を探すと申し出たウィリアム。彼の屋敷で過ごすうちに、暖人は次第に周囲の優しさを受け入れていく。

何故か皆に溺愛され、異世界人でも特別な力があるわけでもないのに……と思っていた暖人は、次々にチートな能力を開花させる。
誰かの為に無茶をする暖人を、ウィリアムたちは心配しては、いっそ閉じ込めてしまおうかと思う日々。

過保護で溺愛したがりなイケメンたちに囲まれた生活が、再び始まる――。


※前作は、下方の“樹ゆきの登録コンテンツ”内か、その上の文字リンクからお越しください。
24hポイント 1,719pt
小説 949 位 / 144,659件 BL 183 位 / 16,492件