私の赤点恋愛~スパダリ部長は恋愛ベタでした~

「キ、キスなんてしくさってー!!
セ、セクハラで訴えてやるー!!」

残業中。
なぜか突然、上司にキスされた。

「おかしいな。
これでだいたい、女は落ちるはずなのに。
……お前、もしかして女じゃない?」

怒り狂っている私と違い、上司は盛んに首を捻っているが……。
いったい、なにを言っているんだ、こいつは?

がしかし。

上司が、隣の家で飼っていた犬そっくりの顔をするもんでついつい情にほだされて。

付き合うことになりました……。


八木原千重 23歳

チルド洋菓子メーカー MonChoupinet 営業部勤務

褒められるほどきれいな資料を作る、仕事できる子
ただし、つい感情的になりすぎ

さらには男女間のことに鈍い……?

×

京屋佑司 32歳

チルド洋菓子メーカー MonChoupinet 営業部長

俺様京屋様
上層部にすら我が儘通しちゃう人

TLヒーローを地でいくスパダリ様
ただし、そこから外れると対応できない……?


TLヒロインからほど遠い、恋愛赤点の私と、
スパダリ恋愛ベタ上司の付き合いは、うまくいくのか……!?

*****
2019/09/11 連載開始
24hポイント 21pt
小説 24,451 位 / 143,524件 恋愛 11,089 位 / 44,747件