異世界へ下宿屋と共にトリップしたようで。

山に囲まれた小さな村で下宿屋を営んでる倉科 静。29歳で独身。
昨日泊めた外国人を玄関の前で見送り家の中へ入ると、疲労が溜まってたのか急に眠くなり玄関の前で倒れてしまった。そして気付いたら住み慣れた下宿屋と共に異世界へとトリップしてしまったらしい!・・・え?どーゆうこと?
前編・後編・あとがきの3話です。1話7~8千文字。0時に更新。


*ご都合主義で適当に書きました。実際にこんな村はありません。
*フィクションです。感想は受付ますが、法律が~国が~など現実を突き詰めないでください。あくまで私が描いた空想世界です。
*男性出産関連の表現がちょっと入ってます。苦手な方はオススメしません。
24hポイント 28pt
小説 18,484 位 / 127,890件 BL 3,703 位 / 14,093件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

甘えたがりなニート異世界に行く

BL / 連載中 24h.ポイント:7pt お気に入り:63

異世界転生したら養子に出されていたので好きに生きたいと思います

BL / 連載中 24h.ポイント:15776pt お気に入り:4243

勝手に勘違いして、婚約破棄したあなたが悪い

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:68686pt お気に入り:5374