純愛じゃなくたっていいじゃないっ!

 犯そうとした女の子を好きになってしまった。

 犯罪紛いのことをしておいて何を言っているんだと怒られてしまうかもしれないけど、それでも好きになってしまったのだから仕方がない。

 早速彼女にアプローチをかける私だったが、彼女はいつも無機質で蔑むような目を私に向けてくる。そんな対応にも私はめげずに毎日のように彼女に会いに行った。そんな日々はとても充実していて、楽しかったと私は思う。

 だけど、ある日ふと気が付く。何かがおかしい。彼女も、私の周りも、そして私自身も。何かがおかしいのだ。



 少し変わったガールズラブ物を読みたいあなたに贈る、そんな作品です。
24hポイント 0pt
小説 63,853 位 / 63,853件 恋愛 15,935 位 / 15,935件