浪漫恋愛〜ロマンチックらぶ~

時は大正時代。親の決めたお見合い結婚が当たり前なこの時代に、私は素敵な男性との恋愛結婚を夢見ていた。

「恋愛結婚だなんて、実にくだらない。」

ある日私が出会ったのは、異国情緒漂うとても美しい顔をした運命の人……などではなく、見た目とは違って性格がかなりねじ曲がった最悪な男だった。

なぜ、愛し合う二人が一緒になることが許されないのか。
なぜ、出会ったこともない二人が一緒にならなければならないのか。
この時代だからこそ見えてくる愛のカタチがあるのかも知れない……
24hポイント 7pt
小説 15,972 位 / 63,548件 恋愛 6,002 位 / 15,820件