愛され過ぎたが故に追放された狐

「え、追放?」
「違う違う、解放」

長年連れ添ってきた仲間たちに突如告げられた解雇通告。

しかしエリーアスはからりと笑って言う。
「まあいっか、君がそれで笑顔なら」

お気楽愛され“獣”人公は今日も笑顔を求めて、かわいい悪食のちびっこと過保護な童顔おじいちゃんをお供に冒険者として世界を旅する。



「でもまあ、やられっぱなしもつまんないし……」

――当面の目標は敵討ちかなぁ。

この狐、意外と強かなようです。



※いつも以上の見きり発車なので内容が薄いです。風が吹いたら飛んでいくレベルです
※ほぼ人の姿した狐と食い意地張ったロリと過保護なショタジジイのほのぼの珍道中
※頭を空っぽにして読みましょう
24hポイント 14pt
小説 20,260 位 / 101,375件 ファンタジー 3,871 位 / 27,272件