婚約者は私より親友を選ぶようです。親友の身代わりに精霊王の生贄になった私は幸せになり、国は滅ぶようです。

ルビア・エクスレーンには親友のレイ・フォルグスがいた。
彼女は精霊王と呼ばれる者の生贄に選ばれる。
その話を聞いたルビアは、婚約者であるラース・ボルタージュ王子に相談を持ち掛けた。
生贄の事に関してはどうしようもないと答えるラース。

だがそれから一月ほど経った頃のこと。
突然ラースに呼び出されるルビア。
なんとラースは、レイを妃にすることを決断し、ルビアに婚約破棄を言い渡す。

ルビアはレイの身代わりに、精霊王の生贄とされてしまう。

ルビアは精霊王であるイクス・ストウィックのもとへと行き、彼のもとで死ぬことを覚悟する。
だがそんな覚悟に意味はなく、イクスとの幸せな日々が待っていたのであった。

そして精霊たちの怒りを買ったラースたちの運命は……
24hポイント 617pt
小説 2,257 位 / 121,301件 恋愛 1,128 位 / 35,809件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

家に住み着いている妖精に愚痴ったら、国が滅びました

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:55004pt お気に入り:10018

何か勘違いをしてる婚約者の幼馴染から、婚約解消を言い渡されました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:275204pt お気に入り:11603

捨てられた令嬢は、公爵に溺愛される。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:376pt お気に入り:5386

無表情な奴と結婚したくない?大丈夫ですよ、貴方の前だけですから

恋愛 / 完結 24h.ポイント:255pt お気に入り:3259